STUDIO Leprechaun お問い合わせはこちら
トップページ Home 企画 Planning オーダーメード靴 Order 靴・バックの修理 Repair Q&A 靴の学校 School スタッフ募集
オーダーメード靴
 
 
 
 
洋服に「オートクチュール」「プレタポルテ」があるように、靴にも「オートクチュール(注文靴)」があります。レプラフォンは、お客様のご希望をどこから伺うかというレベルによって、さまざまな段階のオーダー靴を創作いたします。
フルオーダー靴のポイント

1.靴の形 レプラフォンの靴の形は無限(自由自在)です。
2.素材と色 常時200種類以上ご用意しております。
3.ヒールの形 ご希望の高さのものをご希望の形にカスタマイズできます。
4.オプションコサージュは20種類以上、リボンはどんなものでも可能です。

*靴の悩みにお答えしています。
靴の歴史の浅い日本(150年)では既製の靴に合わせる風潮が定着してきてしまいました。
欧米では靴はめがねと同様、左右も検眼するように、左右の足をフィッティングして考えるのが常識。
デザインの問題、肩こり疲労などの健康の問題に影響を及ぼす、靴の常識・非常識にまつわる
すべてにお答えいたします。



レプラフォンのシューズとは
 

フルオーダーお客様とレプラフォンによる、ゼロから始める共同創作になります。
いわば絵画や彫刻を仕上げていくような「芸術品」創りです。
お客様のイメージ、フィジカル面などについて十分なカウンセリングの後、スケッチを描きながらイメージを少しづつ「形」にしていきます。
フィッティング時は欧米で整形外科医から認められているビルケンシュトック社製BIRKOフォームにて足の裏の型もとります。。
デザインはお客様の納得がいくまで仮縫いをして仕上げます。2ヶ月以上の時間を要するのも、「その人のその人のためだけの究極の靴創り」であることとご理解ください。

フルオーダーメードのご紹介
STEP1 カウンセリング&計測 無料で専門のスタッフが最新の3D計測機による足型計測&カウンセリングをいたします。
 
STEP2 打ち合わせ デザイン、ヒールの高さ、シルエット、素材など、靴を創るのに必要なすべての打ち合わせをします。
同時に両足裏の型取りを行います。
 
STEP3 仮縫い 約1ヶ月後、仮縫い用の皮(実際に使用する皮ではありません)で作った靴を履いていただきフィッティングチェックをいたします。 フィッティングがうまくいかなかった場合、足に合わない原因を分析し、木型から修正いたします。
ご満足いただくまで何度でも仮縫いの靴をお作りします。
 
STEP4 最終フィッティング さらにもう一ヶ月、念のため、ご注文の皮で、両足の仮縫いをいたします。 ここで最終フィッティングチェックをいたします。
 
STEP5 完成 2週間〜3週間後、完成した靴をお渡しします。
価格 195,000円(基本料金-税別)

*木型製作代(65,000円)が含まれています。
*一度作った木型は、当スタジオで大切に保管いたします。
*2足目以降の基本料金は、靴代(130,000円)のみになります。

「靴底が消耗したので取り替えてほしい」「中敷が汚れてしまったのですが」など、アフターケアについてはお気軽にご相談下さい。
約10日程で修理できます。修理費は実費です。配送も承ります。
その後、「履いていたら靴が合わなくなった」など不都合が出た場合、靴をお持ちくだされば、再度フィッティングを致します。場合によっては、靴を最初から作り直します。我々は責任を持って、あなたの足に合うまで靴を作り続けます。
 



▲Top
会社概要 Copyright(C) STUDIO Leprechaun All Rights Reserved.